新プログラム導入

けんごろうリハビリデイサービスでは、6月より新プログラムとして「リハサク」を導入し、ご利用者様に提供してまいります。

「リハサク」を導入するメリット
①理学療法士や柔道整復師、介護スタッフがエビデンスに基づいた運動指導を、ご利用者様に提案できるようになります。
②ご利用者様が自宅でも自分にカスタマイズされたリハビリ動画を見られるようになることで、運動の継続率を高め、ご利用者様の運動目標達成を高められます。

「自宅でも運動を継続するとなにがいいの? 」
体の痛みが強いときは動きたくないものですが、痛みのために長期間身体を動かさないでいると、筋肉が痩せてきたり、関節が固くなったりすることがあります。
運動療法の目的は痛みをとるだけではなく、このような痛みに伴う症状をやわらげ、日常生活でのQOLを維持することにあります。
筋力増強訓練やストレッチなどにより、筋肉の緊張をほぐして血流を改善したり、痛みの原因となる物質の除去を促します。
また、身体機能を向上させることで、日常生活における活動性の改善をはかります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク